2011年04月24日

ブンデスリーガ長谷部誠の本

今月からマンスリーマンションに住み始めています。 職場までの通勤時間が1時間半もかかり、通勤電車内で過ごす時間が往復で約1時間もあるため、電車内でよく本を読んでいます。

最近読んで関心したオススメの本がドイツヴォルフスブルグ所属のブンデスリーガであり、サッカー日本代表キャプテンの長谷部誠選手が出した「心を整える」です。

文中で印象に残ったフレーズと私なりに感じたことをメモします。
『チームの穴を分析し、誰よりも早くその穴を埋めていく』―97頁
サッカー選手はライバルより自分のプレーをアピールし監督、メディア、サポータに認めてもらおうと行動しますが、そうではなくまず自分の置かれたチームをよく観察し、勝つためには何が必要で、何が不足しているかを分析することから始めることだそうです。 そして、チームの欠点=穴を明確にし、誰よりも早くその穴を自分が埋めること。誰もが見ているわけではないが、必ず誰かが見ているはず・・と。

チームメイトを顧みず、自分のプレーを全面にアピールすることはチームスポーツでは当たり前のことですが、長谷部選手は一歩引いて全体を俯瞰しているようです。 さすが岡田元監督、ザック監督が長谷部選手をキャプテンに抜擢するだけのことはあります、うなずけます。

私の場合、自分の職場を見回して自分にしかできないことを見つけ出し、そこを得意分野として全面に押し出そうとします。 また、自分にできないことは勉強するか出来る人に聞くかお願いするのですが、目先の仕事に追われて一歩引いて全体を俯瞰する意識がない、またあってもすぐに忘れてしまいます。 どんな状況にあってもチームが今どんな状態にあるのか、何がかけているのかをいつも把握し、その場その場の穴をいかに早く埋めるか・・感度をもって日々行動するほうがチームがよい方向へ向かうのではないだろうか・・

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

新品価格
¥1,365から
(2011/4/24 15:32時点)

posted by ひろテン at 15:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

ブライアン・トレーシーの『ゴール』

今、この本を読んでいます。
なんて自分が甘かったことか、がよくわかります。妻、会社の上司から幾度となく言われていたことがすべてこの本にかかれています。この本に書かれている悪い例に自分があてはまることがなんと多いとか・・。

あー、甘かったなー。自分に厳しく、妥協しない、常に向上心をもつ!
43歳からでもすぐに修正。ぐさっと心に来る一冊です。


posted by ひろテン at 19:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

きれいな言葉を口に出すこと

最近、斎藤一人さんの”絶対成功する千回の法則”という本を読んでいます。

この本を読んで気づかされることは、私はついつい悩みや心配事を口に出して自分を慰めて安心することがよくあるのですが、よくない言葉を口から出すと本当によくないことが起こるとこの本では言っています。

斎藤さんはこの本できれいな言葉(自分によいこと、なりたいこと)は意識しないと口に出ないと言っています。確かに無意識に人と会話しているとポンポンと心配事が口から出ています。(特に私はそうなります)

毎晩、この本を読んで『しまった・・・!』と反省しています。

私はなんて幸せなんだろう。毎日が楽しい・・と口に出すことが大切なんですね。

私はなんて幸せなんだろう。毎日、楽しい・・とブログで書いておこう。

うん、明日はきっといいことが起こる・・!!
posted by ひろテン at 22:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

ツキの大原則

西田文朗さんの「面白いほど成功するツキの大原則」がおすすめ。
詳しくは↓↓↓↓




続きを読む
posted by ひろテン at 17:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

私の人生を変えようとしている??1冊の本

昨年末から読み始めた1冊の本が私の人生を変えようとしている気がするんです。
不思議なんですが今年から色々な出来事が起きるんですよ。
続きを読む
posted by ひろテン at 12:51| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする