2008年05月31日

初めての胃カメラ

今朝、初めて胃カメラを飲みました。

年2回、実施される会社の定期検診で、先日レントゲン写真の結果の連絡があり、詳細を聞くと胃の一部の輪郭が二重に見えるため、再検査とのこと。

胃カメラといえば。。無理やり口に管を通され、ゲボゲボしながら涙を流して必死に耐えるものというイヤなイメージがあります。

昨日からなんだか落ち着きませんでした。


まな板のコイだ!しかたない!健康のため!

と思い腹をくくって朝8時に最寄の病院へ行きました。(でもとても気が重い・・)


私が行った病院では点滴の麻酔をしながら胃カメラを飲むのだそうです。
点滴された私は数分で深い眠りに入り、看護師さんに起こされるまで全く意識がありませんした。

起きてから胃カメラの検査をしていただいた先生も何だか?!かなりびっくりしていました。
(麻酔の点滴で終始熟睡するなんて珍しい人という感じでした・・)


先生から胃はきれいで問題ありませんと報告を受け、ホッしました。


胃カメラって苦しい!?私にとってはいまだ未知の世界です。

今日はなんだか喉がヒリヒリする。(のんきなヤツと思われるかな・・)
タグ:胃カメラ
posted by ひろテン at 19:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98715185

この記事へのトラックバック

初めて胃カメラ飲んでみた
Excerpt: 薄いブルーのカーテン越し、ついに名前が呼ばれた。 まずは先生と看護師さんに、初めてなので優しくお願いしますと、何度も何度も念押し。 いよいよか。 迫るマウスピースに、緊張感はピークのレッドゾーン。 ビ..
Weblog: ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳
Tracked: 2008-05-31 20:12